睡眠について

【夏を乗り越える!】熱中症を予防するための正しい睡眠方法とは?

「熱中症を予防するための正しい睡眠法ってないの?」

「夏はとりあえずぐっすり寝たい!」

「夏を乗り切るための睡眠方法は?」

 

夏場はどうしても快眠することができないですよね。

それどころか熱中症にもなる危険性があるので今回は熱中症を予防するための正しい睡眠方法を紹介していきます。

ねこ博士
ねこ博士
夏場はどうしても快眠できないし、夏を乗り切るための睡眠方法は誰しもが気になっていることだと思うんだよね!熱中症にならないためにも絶対的に参考にしてね!

熱中症を予防するために睡眠を工夫することはとても大切である!

熱中症の発生には、その日の体調が影響します。暑さに対して最も重要な働きをする汗は、血液中の水分と塩分から作られます。脱水状態や食事抜きといった状態のまま暑い環境に行くことは、絶対に避けなければなりません。活動の後には体温を効果的に下げるように工夫します。熱中症を予防するためには睡眠をしっかり取り、涼しい環境でなるべく安静に過ごすことが大切です。

引用:熱中症を予防するために工夫すること

睡眠をしっかりとることが熱中症予防にもなることがこれでよくわかりましたね。

睡眠をしっかりとることで完全に熱中症にならないというわけではありませんが、睡眠不足まで陥ってしまうとかえって熱中症になりやすくとても危険です。

なるべく睡眠する際は涼しい場所で最低でも6時間は睡眠をとるようにしましょう。

睡眠をとるかとらないかでコンディションも違いますし、熱中症防止にもつながります。

また、こまめの水分補給もとって夏を乗り切りましょう。

ねこ博士
ねこ博士
睡眠をしっかりとることで熱中症防止につながるということがわかったね!しっかりと睡眠をとれば熱中症になりにくくなるんだ!しっかりと睡眠がとれる環境で休むようにしてね!ただし、冷房のつけすぎもかえって体に負担をかけさせちゃうからつけっぱなしで寝ないようにしよう!

熱中症の予防ができる正しい睡眠方法を確認しよう!

熱中症の予防ができる睡眠方法
  1. ポイント1:寝る前に扇風機やエアコンで室内の温度を適度に下げよう!
  2. ポイント2:吸水性や速乾性にすぐれた素材の衣服で工夫しよう!
  3. ポイント3:冷却グッズを身に付けよう!
  4. ポイント4:通気性や吸水性の良い寝具を使ってみよう!
  5. ポイント5:寝る前に必ずコップ1杯分の水分補給をしよう!

それでは気になる熱中症の予防ができる正しい睡眠方法を確認してみましょう。

熱中症にならないためにも是非参考にしてみてください。

ポイント1:寝る前に扇風機やエアコンで室内の温度を適度に下げよう!

夏場の寝る前にまず絶対にやってほしいことは、扇風機やエアコンで室内の温度を適度に下げましょう。

夏場はどうしても気温がかなり高く寝ている最中でも熱中症になりやすいのです。

少しでも熱中症になりにくくするためにも適度な温度に下げて工夫をしましょう。

より良くするための工夫!

扇風機を自分に当てるのではなく、部屋全体に風を送り込むようにしよう!

ポイント2:吸水性や速乾性にすぐれた素材の衣服で工夫しよう!

夏場の睡眠時にも衣服を工夫して暑さを調整しましょう。

衣服は麻や綿など通気性のよい生地を選んだり、下着には吸水性や速乾性にすぐれた素材を選ぶとよいでしょう。

逆に吸水性のない衣服を選んでしまうとかえって熱中症になりやすいので十分に気を付けましょう。

より良くするための工夫!

汗をしっかりと吸収してくれる衣服選びを心がけよう!

ポイント3:冷却グッズを身に付けよう!

冷却シートやスカーフ、氷枕などの冷却グッズを利用しましょう。

毎日の生活で使えるものから夏の寝苦しさをやわらげるようなものまで、さまざまなグッズがあります。

ちなみに、首元など太い血管が体の表面近くを通っているところを冷やすと、効率よく体を冷やすことができます。

寝る前に身に付けることで熱中症になりにくくなります。

より良くするための工夫!

寝る前に冷却シートを貼って寝るようにしよう!

ポイント4:通気性や吸水性の良い寝具を使ってみよう!

通気性や吸水性の良い寝具を使用しましょう。

睡眠環境を整えることで、寝ている間の熱中症を防ぐと同時に、 日々ぐっすりと眠ることで翌日の熱中症を予防しましょう。

就寝中にも体の水分は失われていくので十分に気を付けるようにしましょう。

より良くするための工夫!

寝るときは枕元に飲み物を置いたりしよう!

ポイント5:寝る前に必ずコップ1杯分の水分補給をしよう!

寝ている間にも汗をかいており、一晩でコップ一杯分もの水分が身体から失われています。

また、暑さのため眠れないと体力が奪われますし、睡眠不足自体も熱中症のリスクになります。

寝る前に必ずコップ1杯分の水分補給をするようにしましょう。

より良くするための工夫!

0.1%~0.2%の食塩水やイオン飲料や経口補水液を摂るようにしよう!

熱中症の予防ができる正しい睡眠方法はこれでばっちりですね。

今まで対策をしなかった人や気にならなかった人は必ず行うようにしてください。

対策をとるかとらないかで熱中症になる可能性が低くなります。

ねこ博士
ねこ博士
熱中症になってしまうとかなり大変だから今回教えたことは是非参考にしてね!部屋の温度を適温にすることはとても大事なことだから絶対にやってね!

【注意!】睡眠をおろそかにすると寝ている間に熱中症になる可能性も…!

熱中症は普段は昼間に発生するものだと思いがちですが、夜間熱中症というのが現在問題になっています。

夜間熱中症とは、昼間に暖められた壁や天井に蓄えられた熱が、夜に放射熱となって室内に流れ込んで室温が上がって生じるんです。

特に壁がコンクリート造りの場合、暖まりやすく冷めにくいので夜になり熱を放出するんです。

夏に生じる熱中症の約4割が夜間に起きている統計も出ています。

睡眠時に対策をしておかないと熱中症になりやすくなってしまうので心がけましょう。

さらに睡眠をおろそかにしてしまうと翌日活動している間にめまいやふらふらするなどといった現象が生じることがありますので気を付けましょう。

ねこ博士
ねこ博士
寝不足や睡眠をおろそかにすると熱中症になりやすいから睡眠時間はしっかりと確保しよう!少しでも心がけることで熱中症になりにくくなるんだよ

睡眠を意識して熱中症を防ぎ、夏の暑さを乗り越えよう!

ここまで熱中症を予防するための正しい睡眠方法について紹介しましたが、きちんと睡眠できているかできていないかで夏を乗り越えることができます。

熱中症は命を落とすこともある大変危険な症状です。

少しでも熱中症を防ぐためにもあらかじめ対策をとりましょう。

寝ている間に熱中症になる人は、睡眠中の発汗によって体内の水分とミネラルが多量に失われ、体が脱水状態になることがあり熱中症につながります。

より一層睡眠に意識をかけて夏の暑さを乗り越えましょう。

ねこ博士
ねこ博士
夏の暑さを乗り越えるには睡眠を意識することが大事なんだよ!睡眠をおろそかにしている人はしっかりと睡眠環境を整えて睡眠しましょう!

まとめ

  • 寝る前は室内の温度を適度に下げよう!
  • 睡眠時間はしっかりと確保しよう!
  • 寝る前にコップ1杯分の水分補給をしよう!
  • 衣服選びを心がけよう!
  • 冷却グッズを身に着けてから寝るようにしましょう!

熱中症を予防するための正しい睡眠方法について紹介しました。

夏場に睡眠をしっかりととるかとらないかで夏場を乗り越えられます。

今一度自分の生活習慣を見直して夏の暑さを乗り越えるようにしましょう。