睡眠について

【継続が鍵?】睡眠学習を活用して超効率的に英語の勉強をしよう!

「効率的に英語の勉強をしたい」

「英語の成績がなかなか上がらないんだけど…」

「睡眠学習ってよく聞くけど本当に効果があるの?」

 

睡眠学習ってみなさんは聞いたことあると思いますが、果たして本当に効果があるのか気になるところですよね。

実は睡眠をしっかりとることで超効率よく英語学習できるということを知っていましたか?

今回は睡眠学習を活用して超効率的に英語の勉強ができる方法を紹介します。

ねこ博士
ねこ博士
睡眠をとることで効率よく勉強ができるんだ!今回は睡眠学習をして効率的に英語の勉強ができる方法を紹介するよ!

睡眠学習が英語の勉強に効果的だという研究結果が出ています!

睡眠学習はしっかりと睡眠をとることで記憶力も向上し覚えたことも身に付きます。しっかりと睡眠をとり、勉強しているときに眠気が混入しないほうが、記憶に関係する前頭葉の働きが高くなり、インデックスもきちんと作られるためと考えられます。

引用:睡眠不足の脳への影響 睡眠は学習・記憶の整理に不可欠

論文をもとに睡眠学習がどれだけ英語の勉強に効果的なのかを紹介します。

まずはしっかりと睡眠をとらないことには勉強したものに関してもなかなか身に付きません。

英語は覚えることが少ない科目だと思われがちです。

ですが、英単語や英熟語など覚えることがかなりあることがわかります。

暗記科目が苦手な人でも睡眠をとることで覚えたこともしっかりと定着し、試験やテストなどで十分に発揮することができます

睡眠をおろそかにしている人や、徹夜で勉強をしている人は避けるようにして睡眠をしっかりとることを意識していきましょう。

ねこ博士
ねこ博士
英語学習は暗記科目の一つ!せっかく覚えた単語等も睡眠をおろそかにすることで身に付かなかったなんて人はかなりいたから学習するときは学習してしっかりと睡眠をとるようにしよう!

英語の勉強に睡眠学習が効果的な3つの理由とは?

英語の勉強に睡眠学習が効果的な3つの理由
  1. 寝る前に学習すること自体が効率的!
  2. 復習に最適!
  3. 英単語を読み上げている音声をかけること!

ここで気になる英語の勉強に睡眠学習が効果的な3つの理由を紹介します。

入眠前に学習をどれだけしたかによって定着するかどうかがわかります。

参考にしてみて実践してみましょう。

英語の勉強に睡眠学習が効果的な理由1:寝る前に学習すること自体が効率的!

記憶というものは、学習した後に刺激を受けると、海馬にインプットされたばかりのフレッシュな情報が定着しにくいのです。

英単語を覚えてからテレビを観たり、漫画を読んだり、ラジオを聴いたりすると、覚えたつもりの英単語が後で思い出せなくなっている確率が高くなります。

なので学習した後にそのまま布団に入ることで、睡眠中に記憶として留まりやすくなります。

睡眠学習の効果的な一つなので参考にしてみてください。

英語の勉強に睡眠学習が効果的な理由2:復習に最適!

睡眠学習によって復習にはとっても効果的です。

それこそ英語であれば、睡眠前に新しい単語をこれまでよりたくさん覚え、CDなどで覚えたところの音声を流しながら入眠します。

これによって寝ている間にいろんな単語が定着します。

朝目覚めたときに実際に何個単語を覚えられたのかを書き出してみましょう。

そもそも、睡眠前に学習をすること自体が超効率的だといわれているのです。

英語の勉強に睡眠学習が効果的な理由3:英単語を読み上げている音声をかけること!

眠りについてから2時間から3時間後にその音声が流れるようにセットしておきます。

上記項目でもお伝えはしましたが、目が覚めたら自分が覚えているかどうかチェックしてみましょう。

記憶はインプットをしてもアウトプットをしないと定着しにくいからです。

簡単なものでいいので自分でテストをしてみてください。

 

英語の勉強に睡眠学習が効果的な理由を紹介しました。

睡眠をとることで自分に身に付く知識量や定着力というのが必ず備わってきます。

ただ、睡眠前にはしっかりと勉強しなければ寝ているだけとなってしまうので英語学習はしっかりと行いましょう。

ねこ博士
ねこ博士
英語学習に睡眠学習が効果的な理由はこれで大丈夫だね!まずは自分の睡眠状況を見直して睡眠取れていなかったら睡眠をとることを意識してね!眠りについてから2時間から3時間後に英単語などの音声が流れるようにセットしてみることも試してみよう!

英語を効率的に学ぶために抑えておきたい睡眠学習の5つのポイントとは?

睡眠学習で抑えるべきポイント
  1. 眠りに入った後2,3時間後に覚えたいところを音声で流す!
  2. 寝る前に覚えたいことを勉強する!
  3. 朝起きたあと睡眠学習した部分を復習する!
  4. ノンレム睡眠時に学習をすること!
  5. 暗記科目はすぐにアウトプット!

睡眠不足の時には、リスクを避ける、なじみのある習慣に頼るなどの安全策をとりがちになります。

最も重要なのは、学習への影響です。

睡眠が足りていないと、新しい情報を取り入れる際の脳の能力が、場合によっては40%近くも低下します。

1晩ぐっすり眠ることができれば翌朝すっきり目が覚めて、脳の準備が整います。

徹夜、一夜漬けは避けてしっかりと睡眠を取るようにしましょう。

ねこ博士
ねこ博士
練習や勉強は充分に休息をとって頭が冴えている時にすることが大事だよ!また、新しいことを覚えた直後は、絶対に睡眠不足にならないようにしようね!

英語の勉強に効果を出させるためにはただ睡眠をするだけでは意味がありませんのでご注意を..

英語の勉強に効果を出させるためには睡眠をするだけでは意味がありません。

日中活動しているときにしっかりと単語を覚えるなり長文読解の問題などを解いたりと頭に叩き込みましょう。

勉強する上で一番ベストな時間帯があり、その時間帯に英語学習に磨きをかければしっかりと定着することは間違いありません。

気になるその時間帯とは午後4時くらいから夕食の時間までは、脳が活性化して記憶力が高まってきます。

この時間帯には基本的に暗記物を定着化させることを意識して学習するようにしましょう。

覚えたら、忘れないうちに寝る!これが鉄則です。

ねこ博士
ねこ博士
眠っている間に脳は学習していることがわかったね!眠い目をこすりながらダラダラ1時間勉強をするくらいだったら1時間睡眠をとるほうが学習効果にとってはかなり効率的だよ

まとめ

  • 入眠して2,3時間後に英単語などの音声が流れるようにセットしよう!
  • 寝る前に英単語などの暗記科目を勉強しよう!
  • 徹夜や一夜漬けは記憶低下の原因にもなる!
  • 記憶が定着しやすい時間帯は午後4時くらいから夕食の時間!
  • 睡眠を取るだけで記憶は定着しない!

今回は睡眠学習を活用して超効率的に英語が勉強できる方法を紹介しました。

しっかりと睡眠を取ることによって記憶力も上がり受験やテストなどでも十分に成果が出せます。

英語は基本的には暗記科目の1つなので覚えるまではしっかりと勉強をし、寝るときはしっかりと睡眠を取りましょう。