睡眠の効果

【テスト前の受験生必見】勉強内容を完璧に整理できる最適な睡眠時間とは?

「勉強の内容を完璧に整理できる睡眠時間ってどれくらい必要なの?」

「実際睡眠時間ってどれくらいとればいいの?」

「受験に合格したい!」

 

受験生にとっては睡眠時間はとても大切ですよね。

私も受験生の頃はよく徹夜などしていました。

今回は勉強内容を完璧に整理できる最適な睡眠時間について紹介します。

ねこ博士
ねこ博士
受験生の人には必見だよ!よく受験生の人は徹夜をして少しでも多くの知識を蓄えようとするよね!でもその方法って実は逆効果なんだ!睡眠時間はしっかりと確保してちゃんとした睡眠をとらなければ勉強したことも身に付かなくなってしまうから寝ることってとても大事なことだよ!どれだけの睡眠時間を確保しなければいけないのかを紹介していくよ!

受験やテスト前は一夜漬けの勉強よりも適度な睡眠時間を確保する方が大切である!

本研究により、記憶形成と睡眠覚醒を制御するドーパミン神経細胞回路が、独立していることが示されました。これまでは、学習をする際にドーパミン神経が活性化すると、同じドーパミンで同時に覚醒も誘導されると考えられていたため、眠りながら学習することは不可能とされてきました。しかし、今回の発見により、覚醒を誘導しないで学習ができることがわかりました。
最新のイスラエルのグループの研究で、ヒトでも睡眠中の学習が成立することが報告されており、今回の知見を元に睡眠中に記憶を書き込むといった応用が期待されます。一方、睡眠は記憶の定着を促進する作用が知られております。

引用:睡眠と記憶の神経回路

論文をもとに睡眠時間を確保することがどれだけ大切かを紹介していきます。

受験やテスト前にはついついやりがちな一夜漬け勉強ですが、一夜漬けすることは効率的ではありませんし、かえって逆効果だということがわかります。

受験シーズンの人たちや、テスト勉強をしている人は参考にしてみてください。

  1. 睡眠をとることで記憶が定着する!
  2. 睡眠をとることで記憶を整理し、まとめる役割もある!
  3. 睡眠をしっかりとることで成績が大幅に上がる!

論文に記載されたことがどれだけ大切かまとめてみました。

論文を見ても分かる通り、睡眠をとることで一番定着するのが記憶力でした。

記憶力は受験生にとってはとても大事なことなので一夜漬けや睡眠時間などを削って勉強することだけは避けましょう。

ねこ博士
ねこ博士
記憶力がない人は頭が悪いとかではないんだよ!しっかりと睡眠時間を確保している人こそが受験を制す者!徹夜して勉強する気持ちはかなりわかるけど、その分睡眠時間にあてて本番でしっかりと発揮しよう!

勉強内容を完璧に整理することができるのは『4〜5時間睡眠』である!

4〜5時間睡眠がもたらすメリット
  1. 記憶力が向上する!
  2. 脳をクールダウンし、学習効率を上げる!
  3. 集中力が上がる!

勉強内容を完璧に整理することができるのは4~5時間睡眠がベストとされています。

逆に寝すぎたら記憶力もかなり上がるのではないかという声も上がっているがそうではないんです。

逆に6時間以上の睡眠をとってしまった場合は疲れがたまりやすくなったり、テストや受験などに大きく影響を及ぼします。

最もベストな睡眠時間は6時間なので6時間を超えないように意識してみましょう。

日中どうしても眠い時は15分~30分程度の仮眠をとることもおすすめです

ねこ博士
ねこ博士
睡眠時間は何時間とってもいいって問題じゃないんだよ!4~6時間を意識し睡眠時間を統一させてみよう!日常でどうしても眠い時は仮眠をとることが大切だよ!仮眠は15分~30分がベストな時間だからどうしても眠い時はその時間に仮眠することを意識してみよう!

睡眠時間を守っても勉強していなければ意味がないことを理解しておこう!

いくら睡眠時間をとっていてもきちんと勉強しないと意味がありません。

睡眠時間をしっかりと確保するためにも日中はしっかりと勉強をして睡眠時間を削ることないようにしましょう。

しっかりと勉強をして睡眠をとることができれば周りとの差はもちろんついてきます。

なにより自信をもってテストや受験に臨むことができるのです。

寝ているだけで必ず記憶が定着する!という気にならないようにしっかりと勉強に励みましょう。

ねこ博士
ねこ博士
確かに睡眠を取ることはとても大事なことだけど、勉強しないと始まらないから日中はしっかりと勉強してね!覚えることはしっかりと覚える!問題集をひたすら解く!最低でも4~6時間の睡眠時間は確保する!これは徹底してね!

【注意】2,3時間睡眠は勉強内容の整理ができないのでおすすめしません!

2,3時間の睡眠時間で勉強したことが定着するのか。

結論から言いますと定着しません。

先ほどもお伝えしましたが、睡眠時間をしっかりとることで勉強したことが整理されしっかりと定着していくのです。

逆に短時間睡眠をしてしまった場合、次の日になると当然眠くなったり、勉強に集中できなくなるのでおすすめしておりません。

記憶もしっかりと定着させて目覚めもすっきりさせたい場合は効率のいい睡眠時間を確保するようにしましょう。

ねこ博士
ねこ博士
2,3時間の睡眠だと学んだことが定着しないし、翌日になったら眠気が半端なくて勉強に集中できなくなってしまうよ!口酸っぱく言うけど、睡眠時間はしっかりと取るように心がけよう!

まとめ

  • 睡眠をしっかりとることで記憶が定着する!
  • 睡眠をとることで成績が大幅にアップ!
  • 最適な睡眠時間は4~6時間!
  • 日中どうしても眠くなったときは15分~30分の仮眠をとるようにしよう!
  • 短時間睡眠では学んだことが定着しない!

今回は勉強内容を完璧に整理できる最適な睡眠時間とは?について紹介しました。

睡眠をしっかりとることで受験やテストで実力が発揮されます。

実力が今まで出せなかった人は今一度睡眠をしっかりとれているのかどうかを振り返ってみましょう。